2014年01月07日

2014年1月5日 またかよ、新藤総務大臣の靖国参拝をこぞって批判

2014年1月5日

■コメンテーター
浅井信雄(国際政治学者)
大崎麻子(関西学院大学客員教授)
中西哲生(スポーツジャーナリスト)
萱野稔人(津田塾大学教授)
佐高信(評論家、週刊金曜日編集委員)
岸井成格

 前回に引き続いて、今回も現職大臣の靖国参拝をコメンテーターがこぞって批判していました。

 放送法第4条の規定をまったく無視しています。もうなりふり構わず、という感じ。



<新藤総務大臣の靖国参拝について>

アシスタント・水野真裕美「新藤総務大臣が元日靖国神社を参拝。中国韓国が更なる反発の声を上げる中」

安倍総理の映像

アシスタント・水野真裕美「年頭所感で強い日本を取り戻す戦いは始まったばかりと述べた安倍総理。また、憲法改正について改めて国民的な議論を深めていくべきと述べるなど、積極的平和主義を更に進めるとの考えを示しています。自らの靖国参拝をきっかけに、一層悪化した中国韓国との関係。安倍総理はこの先、どのように立て直すのでしょうか 」

萱野稔人「今回の靖国参拝に関しては、アメリカだけではなくてロシアだとかそれから欧州連合、それから国連からも懸念が示されました。多くの人はですね、内政干渉だっていう事でとらえてるんですけれども、ここ本当は誤解してはいけないなと思う事があるんですね。それは何かというと、外から見ると今、東アジアっていうのは最も紛争の危険性が高い緊張した、緊張の高い、緊張度の高い地域だという事です。
とりわけ尖閣諸島を巡って、何かあれば軍事的に衝突が起こりかねない状況だという事なんですよ。
その為、こういった行動に対して国際的な懸念が示されるっていう事なんですよね。ですので、首相の責務としては紛争をいかに回避するかっていう事を考えなければいけない。
 その為には尖閣諸島に関しては、日本の領有権を主張しながら軍事的な緊張を和らげていく。抑止と対話がやはり必要になるんですよね。
それを首相自ら閉ざしてしまうって事で、これは日本包囲網を国際的にも作ってしまうので、国益に反するような行為なんじゃないかなという気がします。
心情と国益っていうのは外交ではきっちり分ける事が必要なのか。必要なんだって事を改めて考えなければいけないと思います。」

佐高信
「安倍首相のおじさんでですね、西村正雄さんっていう人がいるんですね。この人日本興業銀行の頭取やった人なんですけど、取材かねて色んな交流があったんですけども、この人が、安倍さんのですね、首相になる前あのー、亡くなっちゃうんですけども、凄く心配してたのが、まさに、それでどっかに書いてたんですけど、A級戦犯が合祀されている靖国神社への総理の参拝を正当化する理屈は国内では通用しても、国際的には全く通用しないっていう風に、おじさんが直言してたんですね。
だから今もし生きてたら、本当にあのー、残念でならないという事だろうと思うんですけどね。」

岸井成格
「前回述べたように、中国や韓国が反発するから問題なんじゃなくて、この間申し上げたように、まずは憲法違反の疑いが非常に高いっていうこと。それからやっぱりA級戦犯っていう戦争責任者を祀ってる。だから今の天皇も皇后陛下も行かれないんですよ。参拝できないんですよ。そういう実情考えたらね、ほんとうに判断誤ったと私は思うんですよね。何よりもね、色んな水面下で関係改善の為に動いてた韓国や中国とのパイプ。これが全部これで水の泡になっちゃったんですよ。これが本当に罪が深いと私は思いますねー。」

関口宏
「これはもう、今日日曜日ですね。 明日辺りからは色んな事がまた出てきますね、多分」


以下の文字起こしを参考にさせていただきました。
<関連情報>
「メイド・イン・ジャパン!」
posted by yamato at 00:04| Comment(5) | 靖国参拝批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新藤総務大臣は硫黄島の戦いの栗林中将のお孫さん。
お祖父さんが祀られている靖国神社に参拝されるのは自然なこと。

中韓は朝日新聞が85年に参拝批判記事を書いてから批判をはじめた。
1979年4月にA級戦犯合祀が公になった時から6年間は何ら反応をしていない。
売国マスコミのいわゆる「ご注進報道」が靖国参拝を問題化した。

中国、韓国、米国も政治のカードとして靖国参拝を利用している。
中国は日本の国体を弱める為に、韓国は戦後処理は日韓基本条約等で解決済みであるにも関わらず、難癖をつけて再度日本から戦後賠償をたかろうとしている。米国は自国の銀行が金を突っ込んでいるので、韓国経済危機回避の為、日本の金をあてにしていたところ、支援の雰囲気が壊れるから、靖国参拝が残念だと表明している。

東京裁判、戦犯合祀の件は当時国ではないし、サンフランシスコ講和条約も中国、韓国は署名国ではない。
そもそも日本になにかを言う立場にない。

日本人なら(じゃないからか)、韓国には無条件で竹島から退去を、慰安婦問題は虚偽であったことを認め、国際社会に向けて反日行為の誤りを認めたことを発表し、日本に対して謝罪を求めよ。
中国には、尖閣諸島は日本の領土と認め、防空識別圏を破棄し、南京大虐殺はなかったと認め、反日行為を認め、謝罪を求めよ。
米国にはそもそも尖閣諸島は日本の領土であると明確に宣言しろと、中国による領海領空侵犯を非難せよ。韓国には日本の悪口を言ってまわる告げ口外交を慎めと戒め、韓国の金融危機は資本を投じている米国が助けてやれ。

サンデーモーニングは売国放送だな、本当に。
Posted by まな at 2014年01月07日 19:55
コメントありがとうございます。

こんな日本にしたのは、反日マスコミ、反日法曹界、反日教員(日教組)の三つ巴ですね。

一日も早く、「サンデーモーニング」などの反日マスコミを一掃したいです。
Posted by yamato at 2014年01月07日 22:23
Posted by チロ at 2014年03月09日 09:47
個人賠償の要求を認めるなら、日中基本条約や日韓基本条約を韓、中側から破棄するため、全ての円借款をを停止し、条約時に支払った、賠償金の全ての返金を要求し、出来ない時は全ての中韓の国内資産を凍結し、個人賠償を国内の裁判所で争いましょう。負けても10億円程度です。
Posted by チロ at 2014年03月09日 10:04
チロさん、コメントありがとうございます。日本は、コリアのごり押しに決して屈してはいけないと思います。
Posted by yamato at 2014年03月18日 23:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。