2014年04月23日

平成26年3月16日サンデーモーニング「外務事務次官訪韓」

平成26年3月16日サンデーモーニング「外務事務次官訪韓」



上記映像の中の、寺島実郎のコメントの文字起こしがブログ「テレビにだまされないぞぉU」に掲載されていましたので、紹介させていただきます。

テレビにだまされないぞぉU
2014年3月17日 (月)
日米韓首脳会談模索。寺島実郎「深呼吸して日韓関係を見直そう」 【サンデーモーニング】


寺島氏「あの、ここんとこ日本の雑誌の企画なんか見てるとですね、その韓国・中国に対する嫌悪感をぶつける様な企画がこう続いててね、

マトモな日本人だったら読んでるうちに自分自身も??中毒になってですねイヤになっていっちゃうっていうようなね、ついこの間までの韓流ブームって何だったんですか?って言いたくなる位ですねぇ、ひっくり返ってきている訳ですね。

で、ボク、こういう時こそね、深呼吸がいるっていうかね、歴史の中での日韓関係、ボク真剣に見直そうと思ってて、

ま、例えば遡れば仏教伝来に始まるわけですけれども、百済だ、やれ高句麗だの力でですね、日本に仏教が伝わりましたと。

で、あのー、秀吉の朝鮮出兵の後ねっ、いかに家康っていう男がですねぇ、見識のある男だったかですねぇ、国交正常化する為に彼の配慮ってのが凄いんだなって、

今、ボクは岩波の、世界に連載しているですねぇ、今月書いているやつの中に、朝鮮通信使の事を書いてるんですよ、12回江戸時代やってきたね。なるほどなとうなるようなですねぇ、、それがやっぱり近代史に埋め込まれて来てるんですよ。

で、そういう最も近隣の国、朝鮮半島とのですね、長い歴史をやっぱり深呼吸してね、、

で、今問題抱えてることは事実だけども、ボクは段階的接近法って言ってですね、お互いにプラスになることから積み上げていくと。

欧州だってかつてですねぇ、睨みあってたんだけども、フランスとドイツなんてのは。プラスになることから努力して積み上げましょうよって事をですね、今日のEUの基盤を作ってきたんですよね。

ですから、日韓って一番近いところにいる人間とですね、信頼関係を構築できないような国はね、国際社会の中で胸をはれるはずがないっていう事をね、日本人としてそれ位のやっぱり見識を共有しなきゃいけないという、そういう時代だと思いますよね。」

関口氏「そうでしょうねー。」

岸井氏「そうでね、今回アメリカが強烈ーに日本政府にあのなんて言いますかね、この河野談話の検証・見直しの動きに対してブレーキをかけてきたんですよね。

それはやっぱりハーグで行われる核セキュリティーサミットで何としても日米韓の三国の首脳会談をまず実現したいっていってのはもうオバマ大統領の非常ーに強い意向だったようですね。」

関口氏「まぁ・・(ため息混じりに)一歩でも二歩でも先行ってもらいたいなと、ねぇ、いう思いはあります。ではスポーツ・・・」
posted by yamato at 23:19| Comment(2) | 反日姿勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サイテー モーニング♪
チョビ髭おやじ
ファビョン
カプサイシン
キムチ臭い!!
Posted by サイテー モーニング at 2014年05月04日 14:52
ワロタ!!
Posted by おい!関口 at 2014年05月04日 19:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。